FC2ブログ

sweet*exploring space

Today's Photo...and...etc...

香港三日目・・・・ピークタワー展望台からの夜景とNOBUにてディナー



ピークタワー、屋上展望デッキからの香港夜景すごくすごく綺麗でした

ありふれた言い方だけど、、宝石をちりばめたかのよう

へたくそな写真では伝えきれませんねぇ・・・・・ぜひ本物を
17hk (52)

<click!click!>

17hk (51)

もうちょっとズームインすると


17hk (49)のコピー

部屋からも見えてた目を引く刀みたいな建物は、セントラルにある中国銀行
場所も含め、風水のアドバイスを受けて建設されたという。
ガラスで三角を積み重ねたようなデザインは竹の幹の成長を意味している。
しかし、評判はあまりよろしくないようだ
建物の構造が、香港上海銀行に向かって刃物を突き立てたような形だとか、、 
たしかに、、画像左手前のビル香港上海銀行だが、中国銀行の三角の角が向いている
その香港上海銀行の後ろにそびえ立つビルは、香港で(アジアでも)一番高い建物で88階建て(420m)の
国際金融センター2なんと、この展望台よりも高いそう

時間があったなら・・・・この風水の建物に足を踏み入れてみたかったなぁ


17hk (53)高い所に行ったり、夜景をバックに撮影したりも、風水でいうところの立派な開運アクション
この100万ドルの夜景をバックに撮影してもらえます(有料)
でも、すっごい人でごったがえしていて早くこの場を去りたい  少し風があり気持ちマシだけど、、やはり湿気もバリバリで、、早く開放されたいので並ばず、自力撮影敢行して、帰ることにした
振り返ると・・・・ここ風水の地、香港での風水アクションがきいたのか・・・この旅行後・・・・・良い運に恵まれて、充実した2007年下半期を過ごせました


17hk (54)
行きもそうだったけれど、、押しあいへしあい、、
特に中国人、、並びません、、

あと、もうもうーー外人さんの脇の、、真夏の香りが、、スペシャル、、

”Bad smell”でした

しかし、そんな苦痛を忘れさせてくれるほど、ピークトラムからの夜景は本当に
素晴らしかったです



ホテルに戻ると、昼間とは一遍したロビーの風景が目に飛び込んできた
ネオンのビル群の迫力がもの凄い
さっき、山から眺めた景色が、今度はまん前に、ロビーに飛び込んできたよう、、もうこれ以上の画はないな!と思わせるほどだ
最終的なホテル選びに、ペニンシュラとインターコンチネンタルホテルで迷ったが、、これを見て「インターコンチにして良かった~」と思えた瞬間だった

17hk (114)


17hk (115)



部屋に戻ると、完璧にベッドメイキングされていた
いつもチップは少し多めに置いておきます

ベッドに、ガウンらしきものが




タグには”KIMONO”と書いてあった
(click!click!)
17hk (55)
気に入ったら購入も可能です


広げてみたら・・・短っ・・・・着物というよりもハッピ?だわ~



夜ごはんがまだだった。
昼間ラーメン 夕方、ケーキセット以外、口にしてないけれど、全然お腹すかないから・・・

時間も時間だし(じき23:00)もう、食べずに寝ても良いくらいだけど、、 行きたいレストランが入ってたから、ここインターコンチネンタルホテルにしたのに、行けずじまいでは非常に後悔することになってしまうはずだ やっぱり行こうほんとにお腹はすいてないけれど、、、・・・・・アラン・デュカスのカジュアルフレンチSPOONか、世界で一番有名な日本料理店NOBUに行くかで迷う・・・・


ルームサービスのMENU表を見たら、NOBUのお弁当がある。


これ、明日に食べることにして、SPOONに行こうかな?!
でも、カジュアルといっても、深夜にフレンチはやっぱりキツイなぁ~

・・・・・という事で、日本料理店NOBUに決まり

しかし・・・もうあと10分で、レストランの閉店時間なのであった

今からでもレストランに行けるかフロントにしたら・・・・・折り返すという返事・・・・・レストランに確認してくれる

それからやっぱり今日もマッサージしておきたい~・・・けど、今からレストラン行って、もう外に出て行くのはしんどいなぁ、、という事で、送迎にきたJTBガイドの香港人シェリーの携帯に連絡して、ホテルに出張マッサージにきてほしいからどこか予約してと頼む

しばらくして折り返してきて、出張OK1:00に来てくれるよう約束した

レストランからはまだ返事がない・・・


しばし部屋の写真でも撮って待とう・・・


17hk (119)



広めのお風呂場は、洗面台もお風呂も(人造)総大理石

ビックリしたのが、ドライヤー
なんと、2000ワット
乾くの早い早い、一瞬
でも、やけどに注意

香港の人達って・・・極端というか、、せっかちというか~~
クーラーにしてもどこ行ってもキンキンだし~~

 

お風呂はこんな感じ~
17hk (117) 17hk (116) 
独立シャワーブース


マッサージャーシャワー
17hk (118) 17hk (120)

お風呂もゆったり浸かれます
一日中、歩き回った疲れを取るためには必ずお湯を張ってじっくり浸かるようにしています



(折り返しの確認電話が遅くて少々不安に・・・・



17hk (121)

ワイルドベリーの香りのボディソープ

お風呂グッズは、現地のコスメショップで現地調達するのが楽しい
香り重視で、たくさんある種類から一番良い香りのものを選びます

シャンプーは、インターコンチの地下を歩いていくとあったボディショップで購入



フロントからの・・・・・OKという事で、↑写真から、5分後に↓レストランNOBUに到着

しかし、時間は23:30を過ぎていた
本来、食事は23:00でClose。バーが、24:00までの営業。
まだ、外国人客グループも、ノリノリ~大声~大爆笑で、食事をしていたから入れたのかもしれない・・・
・・・・にしても、もし、宿泊客じゃなかったら断られてただろうな・・・やっぱりここに泊まって良かった


17hk (63)


ホテル1階ロビー横にある
日本料理レストランNOBU
ここからも摩天楼な景色がGood


予約してあったから、「お待ちしていました」と、すぐに通してくれる
レストランからも、ビクトリア・ハーバーの景色が眺められて良い雰囲気
17hk (65)17hk (76)

入り口正面は、バーカウンター 
  
17hk (122)17hk (64)17hk (66)


17hk (68)17hk (75)
寿司カウンターもあります





深酒は避けて、白ワインをグラスで一杯オーダーする
これが、とってもとっても美味しかった・・・・・ので、結局、もう一杯おかわりしてしまった


17hk (67)

 
Foodメニューは豊富で・・・・見ても迷うばかり・・・
日本料理のお寿司もあれば、創作系料理も豊富、共同経営のロバート・デニーロおすすめmenuもあるNOBUの特徴は、ソースやドレッシングにもあるそうだ 素材自体は、普段使っているものと何ら変わりないが、その組み合わせにある そうやって試行錯誤の結果、魚介類の生食文化がない外国人が、生で魚を食べるということを理解しはじめ、今日ではヘルシーだといって寿司刺身を美味しいといって食べるようになった もう外国であっても、日本食レストランに限らず、スーパーでも握り寿司がパック詰めにされて並んでいるご時世にまでなっている そんな日本料理をアメリカのみならず、世界中に広めたといわれているのが、NOBUこと、このレストランオーナーシェフの松久信幸氏。日本料理の基本は元に、和洋中等を融合させた創作料理は、フュージョン料理とも言われる 寿司刺身が好きな私は、それらを使った創作料理、フュージョン料理とはどんなんかな~世界で成功した外国人にうける日本料理ってどんなんかな~と、想像いっぱい期待いっぱいで、ここに来るのがとっても楽しみでした 
menuを見渡すと、寿司刺身が主で、肉料理もあり、どれも食べてみたいと思わせるものばかり・・・・・ほんとに迷う迷う、、、 香港人女性店員が、menuの説明をしてくれるが、魚の名前が英語でわからないしかしゆっくり選んでる暇はなかったようだ そんなにお腹は減ってないという事を伝え、店員おすすめmenuを何品かPick upして持ってきてくれることになった



楽しみだなぁ~・・・どんなんかな~~と、夜景を眺めつつ 期待膨らませつつ 待っていると・・・


前菜が、やってきたーーー



Yellowtail Sashimi with jalapeno(180hk$)

17hk (69)


Yellowtailって、ハマチ?(カンパチ?)の上にハラペーニョを乗せコリアンダーが添えてある
それにレモン醤油がかかっている

ハラペーニョは、わさび代わりといったところか・・・

う~ん、・・・・和と洋の組み合わせ・・・・・これがフュージョンか~


さっそく一ついただく・・・・・・





おいしっ



二人とも・・・・・美味しいものを食べて驚いた顔が一緒だった
お腹減ってなくても(詰め込みに)来て良かったという思いも一緒だった




つづいて・・・・・



Sashimi salad with Matsuhisa Dressing(250hk$)

17hk (70)
カツオの刺身サラダ、いわゆる・・・カツオのたたきのようなもの


これが・・・また・・・




おいすぃーーー!!!!




何?この出てくる出てくるおいしいパレードは~~~

正直、もう閉店時間も過ぎてたし、、刺身の鮮度はどうかな??と思っていたのを
完全に払拭されましたーー
お腹一杯でも、美味しいものは美味しいんだな~
でも、やっぱりNOBUのお料理が素晴らしいんでしょうね



・・・・となると・・・次は・・・・

何が出るかな~~何が出るかな~


(けど、お腹はもうパンパン!!



きた~

(うわ~大盛りやん~こってりやん~~食べれるかなぁ~とちょっと不安を覚える




Rock Shrimp Tempura with Ponzu or Creamy Spicy Sauce(155hk$)

17hk (71)

menuには、ソースが、ポン酢かクリーミーソースのどちらかをチョイス
・・・だが、チョイスしていないわ~、、クリーミーソースの方でやってきた
おまかせにしたから、きっとこちらがおすすめだったのだろう



そして、これまた・・・



おいしかった~!!!





お口直しに・・・・・(たぶん)ジャスミン茶をオーダー(ポットでは出てこなかった)

17hk (72)





これで最後

とりわけ店員が、これをおすすめしていた
ロバート・デニーロも大好物だというmenu


Black Cod Saikyo Yaki(268hk$)

17hk (73)
銀だらの西京焼き はじかみ添え

店員が、cod、cod、Blackcodと説明してくれたけど、わからなくて来て見てわかった
銀だらをブラックコッドというのかぁ~
私、焼き魚は、あんまり好きではないけど、この銀だらの西京焼きは好きなんですよねぇ


これがもうまた美味しい美味しすぎる

味噌加減もよく、身がとろけそうな位、柔らかかったぁ





今、これを書くために、レストランのmenuを見てみて、今更ながら単品値段がいくらかを知った
店員におまかせしたし、ホテルなので、税・サをプラスされたトータル会計しかわからないし、帰ってきて調べもしなかったし
それにしても、渡航当時(2007年)は、1HK$=17~18円だったけど、今は(2009年)、100年に一度の大暴落を経て、1HK$=12円相場で、随分と価格も違うなぁ~・・・・また、この円高景気のうちに、ぜひぜひNOBUに行って、おいしいものを~食べ尽くしたいいや、今度はSPOONにも是非行きたいな

それから、MENUに、"NOBU Matsuhisa OSUSUME"と書いてある欄を見ると、店員が、おまかせしてもってきてくれたmenuのすべてがそうだったことも判明NOBU入門編といったところか・・・・・・迷ったらこれらを選べば間違いなしだ

楽しみにしていたNOBUは、閉店時間過ぎにも関わらず、期待以上においしい料理がいただけましたすっかり大ファンになり、また、香港に来たら絶対に来たい日本に帰ったら、東京にあるNOBUにも行ってみようと思う


そろそろ出張マッサージも来る時間だし、部屋に戻ろうと、会計は部屋付けにしてもらい店を出たら、もうマッサージのおばさん達が来て、ロビーで待っていた歩いて来たから、早く着いたんだそうな 聞くと、結構な距離を歩いてきたみたい 今からマッサージするというのに、なんてタフなんだと驚いた ほんとに外国に来ると皆働き者だなぁ~と感心する こんな時間に(深夜1:00)急遽、出張マッサージを2名お願いしても、来てくれるんだもんねぇ~
めんどくさいとか、やっつけ仕事で無愛想とかそんな態度する事もないし


おばちゃんたちは、部屋に入るなり、バスルームにつかつか入っていって、「えお風呂入るのん?」と思ったら・・・・・・バスタオルを取ってきて、ベッドに敷きはじめた 「な~んだそっかそっか~慣れたもんですね

私は、全身経絡アロママッサージをお願いした
私の担当のおばちゃんは、北京出身の人で、もうひとりのおばちゃんは上海で、二人とも中国人だった。
基本、中国語しか話せない 知ってる限りの英単語と、日本語とゼスチャーで話してくれるけど、筆談が一番  
漢字そのものに意味があるからわかる~・・・・・漢字ってすごいわ~

オイルを使ってのアロママッサージだったはず?・・・・・・なんだけど、、んんオイルの香りがしないんですけどぉ~・・・・・ち、またこれも、モーマンタイ(無問題)か~
最初はキャーキャー喋りながら、マッサージも力強く良かったが、、足くらいになってくるとおばちゃんにも疲れがきたようだ・・・無言に・・・・私もだんだん、、もう疲れてるし眠いしで早く終わってほしかった


お会計は(いくらか忘れた)若干高い?と感じたが、帰りはタクシーで帰ったら?と、チップをはずんだ

おばちゃんたちに笑顔と、活気が戻る

そりゃそーだ のちに、深夜代=チップと出張料も含まれていた事が判明

「Thank youバイバ~イ」というと、「ありがと」と日本語で返してきた

時間も時間だし、「タクシーで帰るの?」と聞くと、「no,no!(とんでもないというゼスチャー)歩いて帰る」と

やっぱりタフで働き者だとまたまた実感したのでありました



明日はとうとう帰国日だぁ~~ 明日に備えて、さっさとお風呂に入ってオイルを落とそう泡
もう、浴槽で眠ってしまう位、バタンキューでしたd


マダムタッソー蝋人形館へ

階段で下のフロアへ・・・


中国人で、うるさいほどににぎわってます(声デカイ) 

(写真はすべてCLICKで大きくなります)

17hk (14)


まずは、ロイヤルファミリーのエリザベス女王が出迎えてくれました
17hk (15)



hk17 (111)







そのお向かいに、ダイアナ妃がポツンと
ひとり佇んでいました





政治家部門

17hk (16)


ブッシュ元アメリカ大統領
処刑されたイラク大統領、サダム・フセイン・・・・・さすがに人気なし。。誰もたかってない。。
17hk (17)17hk (18)

元首相、吉田茂・・・・(孫が麻生太郎)
17hk (23)hk17 (109)




インド独立の父、ガンジー
モーツアルトの子供時代 可愛い~
17hk (19)17hk (20)




芸術家部門

17hk (21)

この人がマダム・タッソー
(カラテカの矢部風。w)

この蝋人形館についてる名前が、マダムタッソー蝋人形館で、なんでこの人の名が?とわからなかったので調べてみたら、マリー・タッソーというフランスの蝋人形彫刻家でした。

その才能で、既に名声を得ていたマリーは、ルイ16世一家の、蝋人形制作を手がけるなどして仕えていた。
革命勃発後は、処刑された重要人物のデスマスクを作る事に従事させられる。その中には、ルイ16世一家・・・マリー・アントワネットも含まれていたそう・・・。
ギロチンで刎ねられたマリー・アントワネットたちの生首を持ち帰って蝋人形の制作を・・・・って・・・想像しただけでも怖ーー
でも、その処刑された生首のデスマスクが本家のロンドンには飾ってあるそう 本当に使われたギロチンの刃と共に・・・




ピカソ
アイン・シュタイン
17hk (22)17hk (24)




俳優部門

エリザベス・テーラー、ジョディー・フォスター、ジャック・二コルソン他・・・

俳優さんたちは、役のイメージもあったり、身なりの変化が激しいので
あんまり似てる感がなかった・・・・

17hk (102)


エリザベス・テーラー
ヨン様(ぺ・ヨンジュン)
hk17 (107)17hk (25)



『ホームアローン』の子役、マコーレ・カルキン

ちょっと顔のバランスおかしい
17hk (26)


アンディ・ラウ
マリリン・モンロー
17hk (27)17hk (28)



スポーツ部門


ボクシングヘビー級王者のモハメド・アリ
17hk (29)



昭和を代表する横綱、千代の富士

でも、後ろには九重と書いてある
置いてある髷のヅラをかぶってノリノリの中国人撮ってみました
17hk (33)17hk (31)

デビット・ベッカム
タイガー・ウッズ
メリル・ストリープに続く・・・・すごいリアルに感じた人PART2
本物のタイガー・ウッズてこんなんかぁ~??と見入った
hk17 (113)17hk (32)




音楽部門



エリック・クラプトンの手形
やっぱり・・・運命線すごいわ~!!
17hk (34)


ジョン・ボン・ジョビ
17hk (35)




エルビス・プレスリー
ミック・ジャガー
17hk (36)17hk (37)


ビートルズ
17hk (38)


マイケル・ジャクソン
キラキラの手袋をはめてた右手~♪
17hk (39)


ジャネット・ジャクソン
ジャネットと書く漢字が面白いね~
17hk (40)



マイケル・ジャクソン・・・・・(シャンプーハットの小出水っぽい)
17hk (41)hk17 (106)
さすが世界の超スーパースター
手形も像も両方あったのはマイケル・ジャクソンだけだった



マドンナ・・・・・・似てない
カイリー・ミノーグ
17hk (43)hk17 (105)



ノリノリ~ティナ・ターナー
QUEENのフレディ・マーキュリー
17hk (42)



ベッカム夫人、ヴィクトリアの手形
17hk (46)

スティーヴィー・ワンダー
すらっとした綺麗な指!
17hk (44)


レニー・クラビッツ
17hk (45)


香港の歌手?女優?・・・・不明。。
17hk (47)


最後のお出迎えは、似てないブルース・リーで〆
17hk (48)



精巧なものから微妙なもの、似てないものまでさまざまでしたが、、
全部を撮ったわけではないけれど、超有名人だらけで何気にパパラッチ気分も楽しめました
結局、日本人は、浜崎あゆみと吉田茂、千代の富士のお三方がエントリーしてました。
自分の手形を蝋制作したりも出来るコーナーもありました




蝋人形館を出て、いよいよ屋上の夜景を見に


マダム・タッソー蝋人形へ

さ~山の上にある、マダムタッソー蝋人形館と香港随一の夜景を見に行くため、
ケーブル乗り場へと向かう

現在地からそう遠くないから、メトロに乗っていくほどでもなく、タクシーの距離でもなさそうだけど、知らない所をスイスイ歩いて行けるでもなくて、色んなところをぐるぐる尋ねながらも歩き回って・・・
でも、地元香港人と思って尋ねても、実は観光客の中国人だったりして、、「知らない。わからない」で、途方にくれていたところに・・・・地元香港人の女性が「どうしたの?」と聞いてきてくれてた
「ピークトラムに行きたいんだけど・・・」と言ったら、「じゃ~一緒に行ってあげる」と、道案内をしてくれました

この親切な女性に・・・・「あなたは香港マダム」と聞くと、「違うわ~(笑)」
「シャネルに勤めてるの」と・・・・シャネルのショップ店員さんだったのでした。
ご主人は、銀行にお勤めで、まだ新婚さんだったみたい
香港なまりの英語とは違う、綺麗な発音の英語で話されてました



部屋から毎日眺めていた対岸の建物群が目の前に現れました

風水を施された、中国銀行だそうです

17hk.jpg hktyuugokubank.jpg


なんやかや歩きながら話してるうちに、ケーブル乗り場のピークトラムに到着した
彼女が、最初、「結構歩くわよ」と言った通り、結構歩きました


乗り場はすでに行列が
17hk (1)

17hk (2)

一人は並んで、一人はチケット買いに行く。と、分業することお奨めします!


ピークトラム=大人片道HK$22.00(往復HK$33.00)
マダムタッソー入場料=HK$120.00

セットにすれば、HK$153.00→HK$130.00に。

〔1HK$=約17円・・・(2007年)〕



チケットを買ったらこれに乗って山の頂上まで行きます
17hk (3)

ものっすごい急勾配を上がっていくので、体がかなり後ろに傾くほど
香港人・・・・またモウマンタイで、強引に切り開いたのか~?!(笑)



蝋人形館に到着

入り口あたりにたくさんの人だかり

17hk (4)


ジャッキー・チェンの蝋人形があり、
ジャッキー・チェンだけは一緒に撮影するのに有料なのでした (ちゃっかり


パパラッチたちがお出迎え カメラのフラッシュが光り、
17hk (5)

さっさとそこを通り過ぎて、中へ入ることにした

17hk (6)

なんか不気味

17hk (7)


で、やっぱり蝋人形って誤差はあれど、、ほぼ等身大で作られてるもんなんですかね

デカかったな~ナオミ・・・さすがスーパーモデルスタイルは完璧
17hk (8)

ブラピは・・・・背は高いけど案外華奢で・・・
まゆげがつながってた
17hk (9)




アユなんて、小さい小さい

アユだけ、何かすんごい隅っこに置かれていて、日本じゃ歌姫だのなんだのって
すごい扱いの人・・・・ここではこんな扱い(隅っこ)かよって、、
アユ見たら「怒るでしかし」と、やっさんのツッコミ風に~ 
※アユのファンではありません
hk17 (112)

17hk (10)

でも、いまのところ・・・日本人でエントリーしてるのはあゆだけって・・・やっぱすごい事かな
トム・クルーズが居ないんだから~



エディ・マーフィー
17hk (11)



メル・ギブソン
17hk (12)



メリル・ストリープが一番・・・何かすごいリアルな感じで
ほんとに目の前に居るかのような錯覚に陥りました
17hk (13)

«前へ  | HOME |  次へ»

プロフィール

shanti

Author:shanti
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Designed by Miya@loconet 

Copyright © sweet*exploring space All Rights Reserved.